『共生の文化研究』4号

*****  インタビュー *****

1.

「アンデス考古学遺跡発掘50年の軌跡」その 1
―アンデスで最初の発掘「コトシュ遺跡」で大発見―
大貫良夫(聞き手:稲村哲也) 3
***** フィールドノート *****
1. テオティワカン「月のピラミッド」発掘記 その3 杉山三郎 21
2. 不況の中、岐路に立つ日系人 伊東浄江 27
3. 「ブラジル的ネグリチュード(Negritude Brasilia)」から考える国家と社会―北東部バイーア州都サルウ、アドールを訪ねて― 川畑博昭 34
***** 研究エッセイ *****
1. ゴジら退治からヒデら退治へ 節分の日に思うこと
―明文型日本語と生産性について―
奥田隆史 41
2. 見えていなかったこと/見ていなかったこと 松宮朝 45
3. 地域連携における大学生の貢献の可能性と問題点 大谷かがり 52
***** 講演・シンポジウム報告 *****
1. ダン・クワン氏によるワークショップと講演会 村山瑞穂 60
2. キューパ革命から50年:キューバ社会主義体制の現状と課題 小池康弘 64
3. COP10パートナーシップ事業
地球を考える日本を考える生き方を考える 「自然との共生:アイヌのこれまで、の生き方、これからの生き方」
稲村哲也 68
4. 世界の森の生態資源と先住民社会の変貌 山田勇 74
5. 世界先住民族サミット以降のアイヌ民族連帯運動 本多正也 90
6. コメントと語り―現代のアイヌの生き方・役割― 結城幸司 95
***** 論文 *****
1. 生態社会環境としての都市の水辺空間
―名古屋・中川運河の再生に向けて―
竹中克行 100
2. 文化大革命時代の出版物
―主に児童向け書籍と技術書を読む―
樋泉克夫 120
3. ACTIVISMO CULTURAL Y REVITALIZACIÓN DE LAS LENGUAS MAYAS EN GUATEMALA (グアテマラにおける文化運動とマヤ諸語の活性化)

Ana Isabel García

Tesoro

142
4. 多文化共生時代における民族資料展示の在り方をめぐる一考察
―野外民族博物館リトルワールドの模索―
宮里孝生・加納舞 171
5. サルワの板絵の宗教建築的意義について 谷口智子 182
6. 「地震と文明」論序説
―ペルー古代の「補強土工法」と現代の地震被害―
稲村哲也 192
** 編集後記 **
編集後記 稲村哲也 202

最近の記事

ニュース
多文化共生研究所ブログ上