2015年調査速報

2015年調査速報

第1期発掘

(2015年8月~10月)

第1期発掘期間中、A、B、C、D区域の46区画を調査しました。各区画の建造物の年代の違いを確認するために基岩に達するまで採掘しました。加えて、調査地域の完全な測量図と建築地図を作成しました。

期間中、膨大な量の考古遺物が出土し、壁や床面といった複数の建築要素が明らかとなりました。加えて、特定の分析方法に用いる多様な種類の試料を採取しました。フローテーション法用に土を、考古地磁気法用に床やしっくいを、放射性炭素年代測定法(14C)用に、炭化物と骨を採取しました。

プロジェクト第1期発掘における重要な発見をいくつか紹介します。


考古学的遺構群及び遺物

建築ユニット

テオティワカン人は、あるときには床の高さを揃えたり、またあるときには床を1メートル半も底上げするために、広範囲にわたり土や石を使用し、建築ユニットを建造していました。費やされた労働と時間を想像してみてください!

次の写真では、第1期発掘で明らかとなった一連の建築ユニットの外観がわかります:

80_Cajones.jpg
B区域 建築ユニット, 2015

2015年調査期間中に発掘された区域のひとつに、死者の大通り沿いに位置する階段があり、19世紀初頭に再建されたものでした。この区域の発掘によって、再建されたエリアの内部に、より早期のオリジナルの階段を発見しました。同ピット内にて古代の壁も発見しました。

81_EscalonMuro.jpg
死者の大通りより見つかったオリジナルの段と壁。A区域, 2015

階段

石柱の広場コンプレックスの主要なマウンドのひとつで、主要な階段を発見しました。以下に、土で固められ中サイズの石が組まれた基壇をご覧いただけます:

82_escaleras.png
内部建築の階段。B区域, 2015

2015年調査期間中、様々なしっくいの破片や、赤色で塗った対の部屋を含む、全体を彩色した壁を発見しました。古代テオティワカン人は建物を彩色していたことがわかります。実際に、古代アパートメント式住居群の多くに色鮮やかな壁画が残され、テティトラ、アテテルコ、テパンティトラ Tetitla, Atetelco, and Tepantitla などの住居群は一般に公開されています。テオティワカンの絶景をぜひ訪れてくださいね!

1500年前の姿を想像できますか?

柱穴が掘られた床面

4面の基礎壁と、柱穴の掘られた3層の床面は共にB区域で発掘されました。幸いにも、これらの人口建造物は非常に良い状態で保存されていました。加えて、土の最上層は燃やされ、ピット周囲に炭が散乱していました。これにより、研究者は放射性炭素年代測定法を使用し年代測定することができます。

84_hoyos.png
B区域の2区画から発掘された柱穴が掘られた床面, 2015

なぜ最上層は燃やされていたのでしょうか?

古代どのような姿だったのでしょうか?

かつての住人はどのようにこの場所を使用していたのでしょうか?

全ての出土品を分析することで、この場所でどのような活動が行われていたのかを再構築するべく更なる情報を得たいと思います。

B区域にある遺構群のひとつで3層の床面が発見されました。加えて、B区域の基壇東側に、少なくとも3期の異なる年代に、タルー様式の壁が建設されていたのを発見しました。

86_pisos.png
B区画からは床2、3、4が一つの区画から発見された, 2015

異なる年代の建造物、水路、さらに...

石柱の広場の北側の発掘区域は、基岩に達するまで非常に深い穴を掘る必要がありました。縦穴のひとつは現在の地表から3メートルにまで達しました。このことから、異なる年代の建造物が層状になっていることがわかります。多くの場合、建築者が定期的に数メートルずつ広場全体を掘り下げるといった、大変な困難を要する建造計画の存在を意味します。

建築にどれだけの時間がかかるか想像できますか?

建築計画を終えるのにどれだけの人と時間が費やされたと思いますか?

この写真では、同区域で発見された2つの異なる高さの床面をご覧いただけます:

87_pisos2.png
この写真にはD区域の複数の区画をまたいで、2つの床面(床1と床2)が観察できます, 2015

赤色顔料で彩色され彫刻が施された石板

2015年発掘期間中のさらなる発見は、基壇に精密な彫刻が施された石板です。チャルチウイテス(貴重な緑石)のシンボル(同心円)が彫刻され、赤色顔料で彩色された複数の石板をご覧いただけます。あるケースでは、色鮮やかな赤色の外観を維持するために、少なくとも3回は彩色されています。

89_piedraLabrada.png
チャルチウィテスと呼ばれる同心円状の装飾が施された石版。C区域, 2015

これらの石は何のために使われたと思いますか?更なる発掘を続け、これらの場所の建築構造と機能をよりよく再構築することを望んでいます。

調査地域の西側区域

C地区の西側で、建設と増改築の複雑な歴史が発見されました。様々な壁(垂直状とタルー様式)は燃やされた可能性があります。5層の床面の存在は、次回発掘に発掘を進め、非常に複雑な居住者にまつわる歴史の紐をほどく必要があります。

また、遺跡全体に燃やされた遺構群の跡が豊富にあります。ここで何が起こったと思いますか?様々な種類の分析結果によって、この火災の大きさ、期間、原因が明らかになることを期待しています。

この燃やされた遺構群の西側に、地下室を伴う少なくとも2層の床面を発見しました。残念ながら、小さな基壇もろとも盗掘されています。その縦穴には何があったのでしょうか?悲しいことに、誰がそこにあった物を取り去ったのかを決して知ることはできません。残念なことに、アステカ人か、もっと後の植民地時代に盗掘されたのかどうかもわかりません。

古代テオティワカンに排水システムがあったことを知っていますか?西側の区域で発掘された一区画では、水路が発見されました。次の図でご覧いただけます:

90_drenajePiso.jpg
発掘エリアの西側では水路と床が発見されました。C区域, 2015

部屋

発掘された遺構群の一つで、少なくとも2つの部屋が発見されました。床面に2つの柱穴があり、あまり遠くないところで二次埋葬例が発見されました。

91_habitacion.png
壁で区切られた部屋。床面には柱穴が見える。東側からの視点。C区域, 2015

上の写真から、一部屋は放棄前に燃やされたことがわかります。加えて、基岩が現在の地表から4メートル下に位置し、床面が建築ユニットで底上げされていたことがわかり、興味をもちました。

古代テオティワカン人が居住していた頃はどのようであったと思いますか?

2つの部屋は何に使われていたのでしょうか?

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial