考古地磁気学

考古地磁気学

Ana Ms. Soler Arechalde

29_Ana_Soler2.JPG

メキシコ国立自治大学博士(地震学、地球内部物理学)。Laboratorio de Paleomagnetisimo(同・地球物理学研究所)所属、同学部大学院教授(地球物理学)。考古地磁気学、過去の地磁気を分析する古地磁気学を専門とし、考古遺物(床材、窯跡、壁画)を扱っています。2000年から複数の考古プロジェクト(テオパンカスコ、テオティワカン、トゥーラ、ラ・ホヤ、テンプロ・マヨール、グアチモントネスに参加、年代測定を実施。メキシコにおける考古地磁気永年変化曲線の改良についても、より正確なデータを得るべく取り組んでいます。2015年より考古地磁気学による年代測定を用いた考古遺物の分析を担当しています。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial