ラボラトリーでの分析

ラボラトリーでの分析

遺物の整理と保存

考古学者の仕事は発掘を終えただけで完遂されるわけではありません。実際のところ、それは始まりでしかないのです。次のリンクをクリックすると、私たちがどのように考古遺物を研究しているのか、そしてどのように遺物の整理と保存を行っているのか知ることができます。

遺物の保存と修復

人工遺物、自然遺物、建築物、その他残存物の分析、

いったん遺物の保管が完了したら、次は人工/自然遺物の分析に移ります。どのタイプの遺物対しても、多様な分野から私たちのプロジェクトに参加してくれているスペシャリストたちが、様々な方法を用いて分析を行っています。これにより、それぞれの専門家が異なる視点から過去と向き合うことになります。つまり、それぞれの分析の結果は、私たちにテオティワカンの過去を探るヒントを様々な角度から与えてくれるのです。私たちの場合、古代都市テオティワカンの生活について、多様な分析からいろんな様相を学ぶことを期待しています。

もしあなたがそれぞれの遺物の分析について詳しく知りたければ、次のセクションをぜひのぞいてみてください。

土器分析
人骨分析
古民族植物学分析
土壌化学

編年:どのように年代を求めるの?

考古遺物からは過去の生活を再構築することに加えて、その場所がいつ存在していたのかを明らかにすることも必要です。研究エリア内外の編年を再構築し、その場所やそこでの歴史的イベントの時期を特定することも重要な作業です。

編年の構築には、相対年代と絶対年代という二つのテクニックがあります。相対年代は、各種の歴史イベントの順序を明らかにすることですが、具体的に西暦何年頃にそれが起きたのかまでは明らかにできません(例えば「A層はB層より若い」という表現です)。一方の絶対年代は多少の誤差を認めながらも具体的な時期を特定します(例えば「A層は紀元後100年頃に形成(誤差は±50年程度)」という表現)。考古学では、この両方の編年測定法を併用することで、その土地の年代を同定しています。次のリンクをクリックすると、さらに詳しい情報が得られます:

土器編年
C-14
考古地磁気学
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial