古植物学

古植物学

49_paleoetno.png種子、Dr. Clarissa Cagnato, Plaza of the Columns 2016

古植物学は、考古学的なコンテクストにおいて発見された植物遺物を通じて、人間と植物の関係をよりよく理解するための研究です。植物遺物は主に二種類に分類することができます

  1. マクロボタニカルな遺物は、肉眼、低倍率顕微鏡によって見ることができ、種子や炭化物などです。
  2. ミクロボタニカルな遺物は微小なため、高倍率望遠鏡を用います。花粉、デンプン粒、プラントオパールなどです。

プロジェクトでは、マクロボタニカルな遺物を得るために、各層から2リットルの土壌を採取します。マクロボタニカルな遺物では、縦穴、床、土器内部の土といったいくつかの確実なコンテクストからサンプル採取します。

Dr. Clarissa Cagnato は、植物種を特定するために、これらのコンテクストから得られたサンプルを分析し、古代においてどのように機能したかを調べようとしています。詳しくは下のリンクをクリックしてください。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial