遺物の復元

遺物の復元

遺物の抽出、採集、記録

発掘では大量の土砂を採り上げます。その土砂を金属製の網にかけて、人工遺物や大きな自然遺物を抽出します。下の写真は作業員が試掘坑の土砂をふるいにかけている様子です。

32_CribadoGrueso.png
遺物の抽出, 2016

また、土壌サンプルについてはさらに目の細かいフィルターを通して、一見しても見つけられないような微小な人工遺物・自然遺物を抽出します。写真をご覧ください。

33_CribadoFino.jpg
微小遺物の抽出, 2015
56_Etiqueta.jpg
遺物タグ

抽出された人工遺物や自然遺物は、その材質ごとに分類されます(例: 土器、石器、骨、雲母、炭、貝)。それぞれの遺物は物質的性質や保存状態に応じて適切な容器(封筒、ポリ袋、プラスチックコンテナなど)に収納されます。それぞれに遺物タグがつけられ、英数字でのナンバリングや、出土場所の情報などが記載されます。写真は私たちが実際に使っている遺物タグです。

129_Fredy_Capturando.jpg
遺物の記録

すべての遺物は材質ごとに、出土日や出土場所、発掘されたときの地表からの深さなどの情報とともにデータベースに記録されます。

次のリンクをクリックすると、私たちが日々発見している遺物の分類の概要やコンテクストを知ることができます。

59_Bolsas.jpg
考古遺物
55_CajeteEntierro.png
考古学的コンテクスト


なぜ遺物の記録が重要なのでしょうか?

他のセクションで述べた通り、考古学は調査地の状況を改造してしまう学問です。だからこそ、調査過程で発掘前・発掘中・発掘後の状態をしっかりと記録することが重要です。加えて遺物のデータベースへの登録や記録撮影、図面作成は本来のコンテクストを記録することでもあります。なぜなら遺物はときに保存状態が悪く、割れたり簡単に粉々になってしまうこともあるからです。この本来の姿やコンテクストは、発掘現場から研究所に移動した遺物の分析や、保存処理を施す専門家にとって非常に重要な手掛かりになります。わかりやすい例が壁画です。壁画は一度地面から取り出すと、地中で含んでいた水分を失っていきます。もしも太陽下に運ばれ水分が急激に失われてしまうと、割れてしまったりぼろぼろに崩れてしまいます。つまり、記録写真は壁画の描写を復元するために非常に有効な手段といえるわけです。


サンプリング

遺構群と遺物は化学分析を通じてサンプリングされます。例えば土壌サンプルは 浮遊サンプルです。土壌サンプルは水に入れてふるいにかけて、遺物は水洗選別されます。こうすることで水面に比重の軽い植物サンプルや微小遺物(小骨、微小剥片、etc.)などスクリーンのみの抽出作業では採集漏れしてしまう遺物が浮き上がってくるのです。

大きな自然遺物や推薦選別されらサンプルは特別な手法で多様な試験に回されます。一方、床面などから採取された微小な破片は、土壌化学分析にかけられることもあります。もっと詳しく知りたい方は分析のセクションをご覧ください。.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial