考古学者は何をしているの?

考古学者は何をしているの?

108_Excavation_FrC2015.jpg

考古学者は何をしているのでしょうか?

考古学者は、過去のあらゆる人間活動の遺物を研究しています。過去における人間活動の証拠は多様な形態をとっています。人骨、古代建造物の遺構(住居、部屋、ピラミッド、都市、壁)、土器(壺、杯、皿、香炉など破片)、動物の骨、植物遺体(種、花粉)、貝といった有機遺物が含まれます。

近年の考古学は学際的な分野であり、さまざまな分野の専門家が、出土品からよりたくさんの情報を得るために集結しています。彼らが蓄積したデータを使うことで、古代文明テオティワカンの形成について仮説を立てるべく、考古学者は歴史の断片をつなぎ合わせることができます。

幸いにも、テオティワカンの考古区域では、多くの建造物が使用後放棄されたのち地中に埋まったままで、約2千年経た古さにもかかわらず、過去の人間活動の物質的痕跡を残すのに役立っています。このため、この古代都市を誰が建設し住んだのかを調べ、明らかにするために、このエリアを発掘することに興味があります。


テオティワカン遺跡研究はなぜ重要なのか?

テオティワカンはユネスコ世界遺産、新世界最大の都市のひとつとして、メキシコ人の国家アイデンティティや遺産でもあり、世界的な学問としても非常に重要な貢献をしています。国家形成と都市計画の主要なモデルとして、テオティワカンを古代メソアメリカの主役たらしめた社会、経済、政治、宗教システムなどの基本的視座を理解するために、200年以上にわたり研究が進められてきました。今日、考古公園の景観モニュメントは、メキシコ人のアイデンティティと誇りの中心であり続け、何百万人もの観光客に畏敬の念を与え続けています。したがって、テオティワカンでの生活がどのようであったか、また放棄された要因は何であったのかについて、調査結果を皆さんに伝えることは、考古学者にとって重要なことなのです。

120_PanoFrontE2016.jpg
E地区景観, 2016

テオティワカンの場合は、解読された書記体系があるマヤや他の文化と違って、考古調査が過去を再構築する唯一の方法の一つです。現時点で、テオティワカンの絵文字を用いた書記体系は、彼らが何者で何をしたのかを解読する手助けになるかわかりません。テオティワカンと同時代に南方では、例えばマヤは絵文字を用いた書記体系を発達させました。考古学者や研究者は、古代の書き手が残した詳細な記述から、王統や歴史的出来事、宗教儀式の時期と意味さえも読み取れるのです。

残念ながら、テオティワカンにおける考古記録は手つかずの状態ではありません。多様な現代の発掘が広範囲で実施され、数多くの盗掘が古代から現代に至るまで行われてきました。テオティワカンの政体が衰退したのちも、アステカ人のような集団が、祭祀センターの周辺部に住み、植民地期や現代でさえ人が住み続け、一族が、祭祀センターであるものをいつ耕しにやって来たのかを今でも覚えているのです。土地の占有が続くうちに、いくつかの遺跡は建築資材として略奪され、農地を作るために構造物は平らにされ、多くのマウンドから人工遺物が盗掘されました。

さて、略奪は考古学者にどのように影響を与えるのでしょうか?じつは、遺物の盗掘によって、考古学者の仕事がはるかに難しくなるのです。遺物だけでなく、その背景にあるコンテクストも失われてしまうのです。なぜこれがそこにあったのか?意味は?何のために用いられたのか?これらはすべて、遺物の起源を理解するべく、考古学者が答えようとしている問題のほんの一部です。したがって、遺跡の保護とその必要性に対する意識を高めることはとても重要です。物質文化を介して祖先の物語を伝えることが、過去の文化遺産を守るからです。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial